いぼの手術方法|絶対に触らないようにする事も重要

正しく対処すれば怖くない

顔に触れる女性

まずは対応を知ろう

いぼはそのまま放置しておいてよいものと、できるだけ除去した方が良いものがありますが、素人目にはよく分からない事も少なくありません。その為、まずは正しく対処する為にも病院に行ってその患部がどの様な状態になっているのかをみてもらう事も重要になってきます。診察を受ける事で、放置しても良いのか、どの様な対応をする方が良いのかという事をしっかりと説明してもらう事が出来るからです。またその時に分からない事がある場合は、しっかりと病院で質問をして疑問点が無い状態にしておく事も重要になってきます。いぼの状態によっては、除去を勧められる事も決して少なくなく、その場合は病院で手術を受ける事になります。ただ手術と聞くとどうも大々的に行うのではないかと思われてしまう事も少なくありませんが、想像している程大がかりという訳ではありません。液体窒素を付けた綿棒を押し当てたり、炭酸ガスレーザーを照射して除去したりする方法が一般的となっているからです。また、いぼの手術を受けた後は必ず病院側の指示をしっかりと守る様にする事も重要なポイントになってきます。どうしても患部が気になって触ってしまったりする事もありますが、それによって患部の状態が悪化して跡が残ってしまう可能性もあるからです。またウイルス性のいぼは接触感染をする可能性があるタイプのものなので、手術に関係なく絶対に触らないようにする事も重要です。触ってしまう事によってウイルスを広げてしまうことがあり、その結果別の場所で症状が発症してしまう事もあるからです。肌の表面に出っ張りがある状態の事を一般的にいぼと呼びますが、実は大きくは2種類に分ける事が出来るようになっています。一つは老人性のもので、これは紫外線の影響によってできてしまうタイプで、放置しておいたとしても問題はありません。ただ見た目が気になるということで、病院などで除去手術を希望する人もおり、この場合はレーザー等を照射して取り除いています。もう一つはウイルス性のもので、ウイルスが感染することによって発症してしまうタイプとなっています。この場合は老人性のものの様に放置しておいても良いわけではなく、適切な処置を受けて除去する事が重要です。ウイルス感染によって拡大する為、放置しておくと自分だけでなく周りの人にも移してしまう可能性が出てくるからです。治療法としては皮膚科の場合は液体窒素を利用する方法が採用されており、美容整形外科の場合はレーザーを照射する方法が選ばれています。ただ素人目には肌の表面に何かできものが出来ている場合は全ていぼと考えてしまう事も少なくありませんが、実は違う疾患という事もあり得ます。例えば魚の目やタコもその一例で、さらにできものの中には悪性の疾患の可能性もあるので、素人判断はとても危険です。したがって、実際に肌に何らかの疾患が出て来てしまったという時は、その見た目だけで判断してしまうのではなく、まずは病院に行って診断してもらう方が無難です。そうすることによって、その肌の状態に最も合っている方法で治療をしてもらう事ができ、必要な場合は手術を受ける事も出来るからです。

医者

色んな治療ができる病院へ

いぼの手術で失敗しない為にも、病院のHPの情報が丁寧に記載されており、気軽に相談できる医師選びが必要不可欠です。事前に手術や病院情報を頭に入れておけば、予約や申し込みもスムーズにできますよ。治療の幅が広ければ、治療内容も自由に選択出来ます。

カウンセリング

肌に出来てしまったら

皮膚科や美容整形外科でのいぼの手術は患部を綺麗に治すことができ、出血しにくいと言うメリットがあります。手術は問診、検査、診察等の後にその患部の状態に合わせて行われ、術後のケア等の説明を受けるのが大まかな流れです。

看護師

気になるところを改善

これまで、このような手術を受けたことがない場合は、とっても不安な事でしょう。しかし、ダウンタイムの注意事項をしっかりと守れば、怖いものでは決してありません。いぼでお悩みの場合は、まずカウンセリングに行ってみることをお勧めします。